-私達をマイナス思考へと追いやるダメダメ上司達-

マイナス思考の概念を知らず平気で人の心を傷つける



こんな上司いませんか

すぐカッとなる人

上司と言う立場でありながら、部下をコントロールすべき立場でありながら感情をコントロールできないダメダメ上司。

出社後の部下達の会話は、まず、この人の機嫌のいいわるいから始まります。

むろん、みんな、いつ、どんな理由で怒りだすかと、びくびくおどおどしながら仕事をする。怒られたくないから、誰もが仕事をこなす理由が「上司に怒られないため」になる。


そして何をやるにしても、必ずその上司の「顔」を気にする。
斬新な企画も、業務改善策も、せっかくいいアイデアを出してるのに、何言われるかわからないから、発表できない。



私が経験したこのての上司は、とある作業場のパートでした。

就業開始の15分前には配置についておく。
休憩時間がきても、すぐに休憩せず2〜3分は仕事をつつげる。

ごくあたりまえの事なんですが、違うのは従業員全員が「休憩チャイムが鳴ってもすぐにはでていかん方がいい。すぐに出て行くと「チャイム鳴るのを待っとったのか!」とどなりちらす○○部長がいるから」と、誰もが○○部長対策の就業体勢となってました。





あんたが沈んでどうする!上司

部下が何人もいる前で、自分の無能さを訴え部下にはげましてもらいたがっているダメダメ上司。

もうこの時点で管理職失格です。






ことあるごとに人にマイナス言葉を連発する「ウサはらし」上司

私がマイナス思考者にたたきおとされたのがこれ。

ミスした、うまくいかなかった、そのたびに、
「やる気がない」「重みがない」「真剣味が伝わってこない」「できていない」「能力がない」「力不足」「未熟」「経験が浅い」「無理」

とにかく、人をなじる、なじる。


そうやって人をなじって自分のウサをはらしている。
しかし言われる方はたまったもんじゃない。

一番たちのわるいダメダメ上司。

女性上司に多いタイプ。


これを毎日やられると、言われる側にも悪影響がでる。
幾度も幾度も「あんたは○○だ」とののしられたら、本当にその言葉に自分がなじんでしまう。


「どうせ私は○○だから」と思いはじめたら要注意です!!




<<<この窓を閉じる>>>