落ち込み、自己嫌悪し、みずから殻を閉ざし、マイナス思考で頭がうめつくされている、
そんな方を支援、
積極的思考へ改善・復活を目指すためのメンタルサイト
マイナス思考者支援サイトPOLKADOTZ
マイナス思考者支援サイト〜ポルカドッツ〜

マイナス思考と、ダイエットについて。
ダイエットと意識の働きは密接なつながりがある。なぜやせないのか、なぜ太るのか、を、メンタルな方向から分析。


スポンサードリンク



ダイエットと、潜在意識と、マイナス思考

星の数程ひしめきあう、ダイエットアイテム。

毎日のように、新アイテムが発売されていますね。




ダイエット市場はいつも盛況。景気の左右はそれほど影響しないようです。


ダイエット先進国アメリカでは、すでに3人に2人が肥満体質だと、NHKの健康番組で述べられていました。

そして、アメリカの後を追う日本も、そうなりつつあるようです。
スポンサードリンク
決して衰退することのないダイエット市場がそれを物語っています。




やせたい、いい体形でいたい、というのは、人間の本能であるかのごとく、どんなにお金をかけてでも追いかけたい欲求のようです。



そのかたわら、かたっぱしからダイエットアイテムをはじめ、ありとあらゆるダイエットフーヅに手を出しても、効果出せずやせられない人もいます。




私は専門医でないので、引用でしか表現できないのですが、
医学的に考えるならば、


摂取 < 代射

を維持しつづけない限り体重の減量はありえないそうです。


理屈であらわすのは、簡単、でもなかなか摂取 < 代射は思うようにいかない。



だって、摂取 < 代射となるためには、


食べない。動く。


という無理な生活を余儀なくされるから。


これは、はっきりいって、それまで食べ続けていた人からすれば、つらい。



我慢、耐えねばならないから。



そして、ある程度は我慢するのだけど、結局我慢しきれず、限界がきて、食べてしまう。


リバウンドというやつですな。


そして体重は逆もどり。

ピンクの電話の竹内都子が、これで見事に元の体形に戻ってしまいましたね。







さて、ダイエットにも、精神鍛練が必要なのを御存知ですか。


やせたい、という気持ちは分かりますが、それだけでは、だめだ、ということを。


やせるための意識、覚悟、心構え、といったものが必要な事。




やせるための意識改革

「私は、やせるために、以下の事項を厳守することを誓います。


ひとつ、理想の体形を常にイメージします。

ひとつ、やせていく自分をイメージします。

ひとつ、食べること、太ること、今の体形を"非常事態"と、認識します。

ひとつ、欲しいものを食べたという達成感よりも、それを食べると太るという恐怖感を重要視します。

ひとつ、私は、必ず、やせることができます。」





ダイエットのために日夜食べず運動することも大事ですが、


それと同等に精神力も必要とされます。



どうもダイエットに関しては、この精神鍛練がないがしろにされてるようです。


ただ、がむしゃらにダイエットを行なったところで、いつまでたっても減らない体重に肩を落としあきらめてしまう、食べ物の誘惑に負けてしまう、


こういう、マイナス思考では、成功しにくいのです。




やせない、と、なげいている、あなた、

精神鍛練、できていますか。



ダイエットをやめてしまう、挫折する原因は、効果がない、それ以前に、

効果が現れるまでの意識の持続力がない



これが大半を占めると思います。




そして、ダイエットフーヅのせいにして、次から次へと新アイテムに手を出し、物置きの奥に健康器具は追いやられ、結局、「ダイエット貧乏」になるのです。






このように、結局「マイナス思考」な意識が、ダイエットの大きな壁となっています。



克服するには、意識を変えることです。




さて、今回は、うちのヨメが激太りして、いいモニタリング材料となってくれました。



ヨメが太りだしたのが2003年の10月。近所付き合いのストレスからわずかな期間で
16kgも増え最大67kg(僕より重い)になりました。


ダイエットを決意し始めたのがウォーキング。しかし典型的な3日坊主クセのあるうちのヨメは、またたくまにざせつ。また、ウォーキングしてもコンビニの唐揚げクンの誘惑に負けてしまうので逆効果。



たべない、と、断食をはじめたところで人間の3大欲求のひとつでもある食欲に意志の弱いヨメが勝てる訳もなく。



そんなこんなで僕より重いまま月日は流れていきました。









そこで僕は、まずやせるとかダイエットとかいう前に、その後ろ向きな考え方をなんとかしようと、考えました。



今のヨメは完璧なマイナス思考。
マイナス思考を改善するには、サブリミナルがてっとり早い。






というわけで、ある日私が薬奏TMCD「不安解消」情熱.comさんから購入したとき、まだ製品ラインナップにないひとつのチラシが入っていたことから購入に至った、

メンタルサポートダイエット




これをきかせて、付属されていたダイエット手帳を有効利用(というか僕が代行したのだけど)
見事、わずか1か月で10kgの減量に成功しました。




それまで、太ってしまい入らなくなったジーンズが、再び入るようになりました。



すると、もう、ダイエットが楽しくなったみたいで、僕が管理しなくても、自分から積極的にダイエットにいそしむようになりました。



人はなぜ挫折するのか」の、成功曲線を、思い出してください。
まだみていない方は、ぜひ一読してください。





   

挫折する人はみんな、この段階で、「効果ない」と、あきらめてしまうのです。



しかし、もう少し、ねばって、がんばって、





   





この位置にまでもってこれれば、しめたものです。

もうあとは、みるみる痩せていくのが実感できるわけです。




さて問題は、低迷線をひた走っているときに、挫折しない意志を持てるか、というところにあります。


マイナス思考者はとくに、そのあたりが弱い。


だから、精神鍛練が必要になってきます。

お手軽なのが、ヨメも使った、サブリミナルCD「メンタルサポートダイエット」





このダイエットサポートシステムは、駒沢女子大学教授であり心理学者の、TVや雑誌ですっかりおなじみの、ちょっと水野晴郎似の富田 隆氏が監修されています。

内容は、以下のとおりです。


サブリミナル効果による「夢実現宣言」
   ・ダイエットに成功する結果イメージを明確にする
   ・ダイエットの意欲を高める


サブリミナル効果による「食欲コントロール
   ・平常心を養う
   ・必要以上の食欲をコントロールする
   ・ストレス解消、落ち着きを取り戻す


サブリミナル効果による「ダイエットによる自信強化」
   ・ダイエットに成功するイメージを強化する

   ・闘志を高める
   ・活発な気分になる
   ・ダイエットのやる気増強


潜在能力増強トレーニングナレーション「リバウンドなしの成功」
   ・リバウンドなしの成功
   ・ストレス解消
   ・夢の実現


わくわくダイエット手帳
わくわくダイエット通帳の目的は『減らした』カロリーをポイントに換えて貯めることです。
ポイントが貯まれば貯まるほど、カロリーを減らしたことになり、贅肉が減り、理想的な身体に近づくことができるという寸法です。カロリーポイント表を見ながら、この通帳にポイントを記し、貯めていきます。


解説書
わくわくダイエット通帳の使い方や、富田教授のメッセージなどが入っています。必ず、お読みいただいた方がよいでしょう。過去のダイエットにおいてリバウンドで苦しんだ方でも、無理なくダイエットに取り組めるようにポイント別に解説してくれています。



ダイエットドリーム・ステッカー
目標宣言文をかき、目立つとこにはる。起業セミナーでもよくやるアレです。




このCDプログラムのメリットは、ダイエットをしている人に起こりうる逆境を精神面でカバーしてくれるとこでしょう。

しかも、「メンタルサポート」とあるように、あなたの「こころ」を支援することで、ダイエットを成功させようというわけです。



これまで何度も「ザセツ」したり、何回も「リバウンド」した方も。


なによりサブリミナルがあなたの「こころ」をポジティブにしてくれます。

また、カンタンなトレーニングガイドも準備してあって、脳や神経を心地よく調整もしてくれます。

さらに、日常の行動パターンを改善するための支援グッズも用意してありますから、なにも心配せず、実行あるのみ!です。




        メンタルサポートダイエット【情熱ドットコム】価格:9,870円(税込)
       
メンタルサポートダイエット


画像またはCDタイトルをクリックすると
オンラインショップより購入できます。

この機会に是非!


もっと簡単ショッピング!ストアミックス
こちらのオンラインストア(SSL対応です)を介しますので安心してご購入いただけます。





<<<HOME>>>
情熱ドットコム