落ち込み、自己嫌悪し、みずから殻を閉ざし、マイナス思考で頭がうめつくされている、
そんな方を支援、
積極的プラス思考へ改善・復活を目指すためのメンタルサイト

マイナス思考者支援サイトPOLKADOTZ マイナス思考者支援サイト〜ポルカドッツ〜
   マイナス思考者のままでいると、人生そのものがマイナスになる   
ひとりでも多くの方がそれに早く気付き、改善してくれれば。
こうしてPOLKADOTZはスタートしました。

スポンサードリンク


Content 1.はじめに

かつて私は、マイナス思考の塊でした。

仕事も、恋愛も、なにかにつまづいてはまるで人生の敗北者のようなふるまいをし、人前で平気で落胆する人間でした。

私は、挫折経験が多い故何をやっても、失敗するだろうとしか考えませんでした。




スポンサードリンク



マイナス思考というのは、気付かずほっておくと、次なるマイナスを呼びます。

そしてあらたに落胆し、それがまた次のマイナスを呼びます。

この悪循環にはまってしまい、いつしか何もしたくなくなり、本当の「敗北者」になってしまうのです。


この悪循環からは一日でも早く脱出せねばなりません。
敗北者になるまえに。


今の私は。

トレーニングのおかげで、すぐにマイナス思考に走る性格を改善し、克服し、徹底的に排除し、
脳天気野郎とまでいわれるようになりました。



もうしおくれました。
私の名は、Yukihiroと申します。

すべて名を明かそうかなと思いましたが、まだ勇気がなくって(←自分の失態をほとんどばらしてるから)、HNで勘弁してください。(ばればれですけどね)




私の今の仕事は、独立自営です。

サラリーマン時代に絶対できなかった飛び込み訪問も、平気でやってのけます。

断られたり、無視されたり、封筒ごと提案書が送り返されてきたりします。

はっきりいって、こんな仕事、いちいちマイナス思考になってたらとてもできません。



でも私は落胆することもなく、すぐに次の仕事や営業にとりかかります。ここまで、かわることができました。



絶対、おまえには無理だといわれた意識改革ができました。



そして、ここでいいたいのです。

私にできることだから、絶対あなたにも、できます。


よく反論する方に、「あんただからできたのだ」という人がいます。

起業成功者のセミナーなどで、講義後の質問タイムのときによく言われてますね。

そして、自分を例に上げて、ひがむのです。

「私はあなたほど時間に余裕もないし、そんなに金が動かせるわけない。あんたのいうノウハウは、恵まれた一部の人向けで、わたしには向かない」とかなんとか。





わたしと、あなたとの違いはなんでしょうか。



環境のちがい? 私は恵まれている?



では私のおはなしを少し。

別メニューに私のろくでもない経験をすべてさらけだしてますから、ここではほんのすこしだけです。


私は過去に2回、リストラの経験があります。

そして、2回、商売に失敗しています。

毎月10万を越す無駄な返済を繰り返しています。そのために24時間の内14時間は働いています。

平日も土日も関係ありません。


ときには、赤字で月末を迎え、支払いをさらなる借金で支払い、負債が増大することもあります。


世間一般の方と比べて、私は優位な点はないと思うのです。むしろ逆で、劣っている方でしょう。



では、まわりにささえてくれる人がいたからでしょうか。



私は、自分のマイナス思考のせいで、大事なパートナーとなるべき人から見限られました。


助言してくれる人なんていませんでした。ただ一言、「カッコわるい」とだけ言われてますます落胆しました。





・・・・だから、あなたのお気持ちは痛い程よく分かります。

ここをおとずれる位だから、自分を卑下して人のせいにするような思考になってしまっている性格もよくわかります。

だって、かつての私がそうでしたから。





はっきりいえることは、ここをおとずれた、マイナス思考者のあなたからみた私も、何も突出しているものもないし、秀でているものもない、ということです。


だから、今すぐ、

「こんなやつがマイナスを改善できるくらいだから、わたしにも改善できる」

と気付いて欲しいのです。





どのような方法で、マイナス思考をしなくなったか

まず、マイナス思考がもたらす「人生の被害」の実態を知りました。



これにより、マイナス思考がどれだけ人生に悪影響をおよぼし、未来を暗くしているかを知り、ことの深刻さを知りました。



次に、マイナス思考の元、自分で自分を卑下することをやめました。


具体的には、マイナスになる言葉「どうせ僕は・・」などの言葉を禁じる、プラスな言葉を紙に書いて目立つ所に貼る、などを行ないました。



そして、否定思考がもたらす最大の壁、「メンタルブロック(別窓表示でリンク)」を除去しました。





私はこのために、成功哲学プログラムや、メンタルブロックを除去するためのアルファ波トレーニングなどを行ない、そのためにトヨタの中堅ハードトップの新車に相当するお金を費やしました。



しかし私は、あなたにも同じように新車1台分のお金を費やしてプログラムを学べ、とは言いません。



私の学んだ成功哲学プログラムは、事業を行ない、目標を立てなにかをなしとげるために必要なノウハウで、その一環として「否定思考を克服する」というカテゴリーがあったにすぎません。。



そう、独立自営したくて学んだプログラムです。



よってこのすべてがあなたに必要か、といえば、必ずしもそうではないかも知れません。もしご興味がおありで経済的に余裕があるのであれば学習もいいかもしれません。

<サイトメニュー>

はじめて来訪された方へ
はじめに

マイナス思考の基礎知識

私のマイナス思考経験談

投稿マイナス思考体験談集

潜在意識を知ろう

マイナス思考が原因であなたが導く悲劇




はじめよう マイナス思考改善トレーニング
まずは癒されましょう

「深層自己説得」

「映像化技法」

サブリミナルCDを聴く

マイナス思考がはじまったら

ポジティブワード集




データライブラリ
アルファ波ミュージックの紹

癒されるアイテムの紹介

マイナス思考Q&A




コラム集
マイナス思考と、ダイエット

失敗とマイナス思考と成長

必要なマイナス思考だってある

管理人のポジティブエッセイ集




これは、私のトレーナーからの言葉です。


「失敗者がいつまでたっても、何をやっても失敗ばかりつづけるのは、
自分で自分のことを失敗者だと納得してしまっているからです。
いえ、正しくは、
自分を失敗者だと思い込み、本来の力を完全に封じ込めてしまっているからです。」





かのエジソンは、
絶対、成功すると信じ、
10,000回もの失敗にもくじけずに、ついに白熱電球を発明しました。


もしエジソンが、10回程度の実験失敗でくじけ、
私は失敗者だ。おそらくこれからも失敗しつづけるだろう。
と落胆し、何もかもやめてしまったら、


白熱電球は他の発明家が発明するまでこの世になかったでしょう。





失敗や挫折を経験し何もかもを投げ出した人は、
大抵は「成功」という言葉を聞くだけでむかつく人になっています。

その言葉を聞いただけで腹が立ってきます。

「うるさいわ、ほっとけ!」

とどなりたくなります。

ずばり心の中は、
「どうせ俺はだめ人間だよっ!!」
という気持ちであふれかえっているのです。





これこそ、負け犬意識です。





そしてそういう人たちは、成功者をねたみ、ひがみ、嫌悪します。

自分がそうなれなかったゆえの逆恨みです。

掲示板やら、チャットやら、悪口をかきまくったりします。

自称評論家の仲間入りです。





こうなった時点で、立派な「脱落者」です。





はいあがり立ち直る意志もありません。

なぜなら、そうやってひがんですねている自分のままでいつまでもいたいからです。

ひがんで、すねて文句を言ってうっぷんをはらしていたいのです。





なぜにこうまで断言できるかというと、
かつての私がそうだったからです。
この文章すべてが、かつての私の経験からのものなのです。





残念なことに、こうしてすぐに落胆し自分を能無しのような言い回しをして
うまくいっている人をねたんでいる人は大勢います。

しかし、それ自体が何も生まないことに気付き、改善し、あらたな挑戦に目覚める人は
ほんのわずかです。






ひとは、経験のたびにいらぬ知識を覚えます。

何かをがんばって、でもだめだって、途中で投出し挫折した人は、もうこりごり、と思うようになります。

どうせ失敗するんだから、と、
世間が言う通りでそう簡単にうまくいくものではない、と、



そして今度は否定する側にまわります。

挑戦している人に干渉し、
「おい、そんなことやったって、俺のように失敗するのが積の山さ。やめとけ。」
といらぬおせっかいを焼くようになります。

でもそれはアドバイスではありません。
自分の失敗をみせつけているだけです。





そんな彼等だって、かつては夢目標を追う素晴らしきチャレンジャーでした。

何が彼等を脱落させたのでしょうか。

何が彼等をそこまでひねくれさせてしまったのでしょうか。

失敗したから?  いいえ。
マイナス思考こそが、彼等を脱落させてしまったのです。私は、そう思います。





トレーナーは、こうもいいました。
「失敗は、悪ではありません。


むしろ、成長するための必要不可欠な要素です。


失敗しても、それを糧にしてもっと大きな成功を手にした偉人達はたくさんいます。

いや失敗したからこそ素晴らしき成果をあげられたのです。





ただ共通することは、彼等は失敗したからといって、投げ出したり落ち込んだりといった、
マイナス意識に走ることはなかったということ。

何があっても、積極的意識で行動すれば、マイナスの付け入る隙間なんてなくなるのです。

だがほとんどの人がこのことを知らずに、マイナスで感情を埋め尽くし、逆にプラスを受け入れる隙間を
なくしてしまっています。」





この現実を知り、あなたに気付いてもらいたい。



もっと自分を磨いてもらいたい、



せっかくのあなたのすばらしき人生をだいなしにする元凶、マイナス思考を打破してもらいたい。



そして、積極的思考者になり、輝かしい人生をもう一度発見して欲しい。




そんな気持ちから、当初立ち上げようとしていた私の個人サイトを急きょとりやめ、このメンタルトレーニングサイトポルカドッツを立ち上げました。





このサイトを通じて、一人でも多くの方が「気付き」、改善して、素晴らしき永遠のチャレンジャーにもどられることを願ってやみません。



開設日 2004年6月15日  Yukihiro




スポンサードリンク


<<<このページの先頭へ>>>




スポンサードリンク


<<<HOME>>>